ライフスタイル

夏も秋も、冬も春も。好きなことを好きと認める。

 

私は何がしたいのか。一体どこへ向かってるのか。

 

はっきりとした答えが出たわけではない。

今でも「こうなりたい!」なんてゆう明確な目標はなくて、ただ一つの場所に止まりたくはなくて。

 

 

前は毎日記事を上げようと躍起になって、意味のないことを書き連ねて、でも自分の心も動かないようなことを書いたところで誰の心が動かせようか。

こんな浅はかな、当たり前のことにさえ気づかないほど、必死になってしまっていた

 

これからどう進んで行くか的確に決まったわけではない。

ただ、ゆっくり進もうなんて甘いことを言ってしまっていると、きっといつまでたってもぬるま湯に浸かったままで抜け出せなくなってしまう。

だからといって、ぐんぐん突き進んでしまうと、堂々巡りで目の前の”当たり前のことさえ見失ってしまう。

だから、ゆっくりでもなく、早歩きでもない、自分にあったペースで。

 

 

私は、夏が好きで、でも秋もそれに負けないくらい好きで、なんだかんだ冬も好きで、でもやっぱり春も好き。

写真を撮るのが大好きで、洋服を見るのが楽しくて、食べることをやめられなくて、寝ている時間が至福。

そんな自分を見つめ直して、当たり前の日常の中で感じたことを、自分の言葉で、自分に向けた文章を作っていこうと決めた。

 

 

誰のために書くでもない。ただ一人、自分のために。自分を好きになって、全て受け入れるために。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です